先日2/28(水)に、東京オリンピック・パラリンピックのマスコットキャラクターが発表されました。
名前はこれから決めていくようですが、(ア)の案に決定しましたね。

このマスコットキャラクター、なんだか見たことあるような雰囲気……と思っていたら、
松陰塾のマスコットキャラクター、アポロ君と同じ作者さんによって作られたようです。

福岡在住のデザイナー、谷口亮さんによって作成されました。

確かに、言われてみれば雰囲気が似ていますね。
兄弟と言われても違和感はありません。

東京オリンピック・パラリンピックと言えば、2013年に開催が決定されました。
同年、文部科学省から「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」が発表されています。

その概要の中に、こんな一文があります。
「2020年(平成32年)の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、
新たな英語教育が本格展開できるように、本計画に基づき体制・整備等を含め2014年度から逐次改革を推進する」

簡単に言うと、英語教育をより充実させていくということですね。
グローバル化していく社会に置いて行かれないようにと、教育にも熱が入っています。
それに伴い、高校入試・大学入試も大きく変化が始まっています。

松陰塾では英検対策・漢熟検対策をはじめ、変容する入試に対応していきます。
「この春休みから塾を…」と考えている方はぜひ、お気軽にお問合せください。